【ワーホリ出稼ぎ】3ヶ月で200万円稼いだコットンファクトリーの仕事

オーストラリアでワーホリしている人の中で「週1500ドル以上稼いだ!」「数ヶ月で数百万円貯めた!」という記事をときどき見かけます。

とても興味を引くタイトルですが、内容を見てみるとそれはタックス差引前の金額だったり、週7の勤務だったり複数の仕事をかけ持ちしていたり。たしかにすごいのだけれど、時給に換算すると意外と高くないケースが多い気がします。

今回わたしが紹介するのは、かけ持ちなし、週6日勤務+2日休み、週2000ドルの仕事です。

コットンの仕事について日本語の情報がなかったので、細かくまとめてみました。長いけどお役に立てれば幸いです!

目次

コットンファクトリーの仕事

コットンと聞いても、どんな仕事をするのかいまいちピンとこないかもしれません。

オーストラリアで稼げる仕事といえばマイニング(鉱業)やグレイン(穀物)が有名ですが、
実はコットンも同じくらい稼げる仕事で、オージーが出稼ぎに行くほど人気なんです!

コットンファームやファクトリーはたくさんありますが、場所によって仕事内容や給料は違います。
今回記事にする内容は、わたしが働いたファクトリーの話になりますので、参考程度にご覧ください。

コットンの仕事はセカンドビザ申請対象です。
ただ、中には対象外エリアの仕事もあるかもしれませんので、必ずその会社に確認してくださいね。 

仕事内容

コットンというとふわふわした軽くて柔らかいものをイメージするかと思いますが、
工場では写真のような1トンほどの大きなコットンをたくさん扱います。


 
これを一度崩して、ゴミや葉っぱなど汚い部分を取り除き、パッキングし、運ぶという流れの仕事。

仕事内容はポジションによって様々。
基本的に女性はパッキング、男性はコットンを崩すポジションに配属されます。
その他、コットンを運ぶフォークリフトや、クリーナーなどの仕事があります。

わたしはパッキングを担当。
 

このマシーンにコットンの塊が流れてきて、それを袋に被せ、ピストルのようなもので留める作業です。
3人1組でひたすらこの作業を繰り返し、1日1,000個を目標にパッキングします。

立ちっぱなしの単純作業、止まらない機械、腱鞘炎…しんどかった…

パッキングされたコットンは、こんな風に積み上げられます。


 
どの業務も簡単ですが、特に楽なポジションはフォークリフト。操縦経験のある人にはおすすめ。

オーストラリアの資格がなくてもファクトリー敷地内では運転させてもらえるそうで、母国でフォークリフトの仕事経験があった同僚がアサインされていました。しかも、会社から援助を受けて、働きながらオーストラリアの資格を取得していました。羨ましい。

コットンのシーズン

わたしが働いた2017年は、3月下旬〜7月中旬の3ヶ月半でした。
コットンのシーズンは毎年変わり、長いときは5ヶ月、短いときは3ヶ月ほど。

オーストラリア国内で気候が違うため、場所によってシーズンも異なります。

勤務形態

なんと1日の勤務は12時間!

工場は24時間稼働で、デイシフト(7:00〜19:00)ナイトシフト(19:00〜7:00)に分かれています。
どちらのシフトになるかはボスが決めるので選べませんでした。

  • シフト制
  • 6日勤務して2日休み
  • 15分休憩×2回、30分休憩×1回

カップルや友達同士で休日を一緒に過ごせるようにシフトを組んでくれました。

給料

オーストラリアでは、1日8時間以上働くとそれ以降はダブルペイ(倍の給料)になり、日曜は丸1日ダブルペイ、祝日はトリプルペイ(3倍の給料)になります。そのため、1日12時間かつ土日も勤務できるこの仕事では、日給350ドル〜450ドル稼ぐことが可能です。

ちょっと複雑ですが、詳細を記載します。

シフトで異なる給料

デイシフトかナイトシフトか、どのポジションで働くか、勤務する曜日によって時給が違います。
私がやっていたパッキングの給料は下記です。

デイシフト:23.20ドル
ナイトシフト: 26.68ドル

そして8時間以降および土日祝日は、デイシフトもナイトシフトも同じ給料です。

8時間以降:27.84ドル
10時間以降:37.12ドル
土曜日:27.84ドル(8時間以降は37.12ドル)
日曜日:37.12ドル
祝日:45.26ドル

ポジションによってはもっと高いです。男性がやれるポジションだと、時給2ドルくらい高かったと記憶しています。

わたしはナイトシフトで働いていましたが、
給料はあまり変わらないので生活リズム保てるデイシフトのほうがおすすめ。

給与明細

給料日は毎週火曜日と決まっており、5日分の給料をもらう週と6日分の給料をもらう週があります。
ローテーションで働く曜日が毎週ずれるからです。

実際の給料明細がこちら。


これは火曜日〜土曜日の5日分の給料です。タックス差引前が1874ドル、手取りが1533ドル。

次に、火曜日〜日曜日まで働いた6日分の給料。


タックス差引前が2208ドル、手取りが1817ドル。
 
土日に加えて祝日も働いた場合、手取りで2000ドル超えます。
わたしは一番給料が低いパッキング担当でしたが、別のポジションだとほぼ毎回2000ドル稼げていました。

3ヶ月で稼いだ金額

週ごとに給料の金額に差はあるものの、平均で月7000ドル稼いでいました。

3月下旬→1日おきに5〜10時間勤務
4月中旬→デイシフトとナイトシフトに分かれてフルタイム勤務開始
※イースター期間は人件費が高すぎるため休み

3ヶ月半の給与総額は、約25000ドル。
日本円で約200万円稼げました!

生活環境

ファクトリーの場所

コットンファクトリーの会社は、Ashly、Moomin、Hillston、Boggabriなどニューサウスウェルズ州を中心に、クイーンズランド州と合わせて10箇所くらい工場があります。
どの工場も内陸にあるため車は必須。

わたしの勤務地はMungindi(マンギンダイ)というクイーンズランドとニューサウスウェールスの州境にある小さな町。ブリスベンから車で6〜7時間のところです。

コメント

コメントする

目次
閉じる