【インド】現地で格安SIMカードを購入する方法

最近は日本でも格安SIMが普及し始め、海外旅行で現地のSIMカードを利用する人が増えてきました。
海外に到着したらまずSIMカードをゲットするという人も多いのでは。

これからインドを旅する人へ向けて、こんな疑問に答えます。

  • SIMカードはどこで買える?
  • どんな料金プランがある?
  • 購入するのに必要なものは?

インドでは、「外国人は空港でしか購入できない」「アクティベートに数日かかる」という情報をよく見かけます。

実はそれ、半分本当で半分ウソ。

空港以外でも買えたし、すぐに使用できたよ!

目次

インドのSIMカード事情

インドの通信会社

インド滞在中によく目にしたのがこの4社。

  • Airtel
  • Vodafone
  • Jio
  • BSNL

Airtelが業界最大手で、空港で旅行者向けに販売しているのもこの会社。
インド人も観光客もAirtelを使っている人はとても多いです。

ただ、空港以外で購入する場合はVodafone一択。
わたしはVodafoneを約1ヶ月利用しましたが、移動中に少し電波が悪くなるものの、大きな問題はありませんでした。

BSNLに関しては、近年、e-VISAで入国した外国人観光客に無料でSIMカードを提供しているそうです。
実際に利用したわけではないのでこの記事では割愛しますが、もし空港でBSNLを見かけたらぜひ確認してみてください。

購入できる場所が限られている

主要空港

SIMカードの販売カウンターがあるのは、デリーやムンバイなど大きな空港のみ。
バラナシなど地方の空港では販売されていないのでご注意を。

空港で購入するメリット
・パスポートだけで手続きができる
・到着してすぐに手に入る

空港で購入するデメリット
・値段が高い
・使えるようになるまで時間がかかる

街中にあるショップ

わたしが知る限り、外国人旅行者が街中で購入できるのはVodafoneのみです。
どのAirtelの店舗でも「インドの身分証明書がないと販売できない」と言われました。

JioやBSNLなど他社でも購入できた方いましたら教えてください! 

Vodafoneで購入するメリット
・値段が安くてデータ量が多い
・手続きはスタッフがやってくれる

Vodafoneで購入するデメリット
・証明写真が必要
・お店まで自力で行かなければならない

料金とデータ量が違う

空港で販売しているSIMカードは観光客向けのため、街中で買うよりも高く、データ量も少ないです。

空港と街中、それぞれの料金プランを比較してみました。

空港のSIMカード(Airtel)

使用期間:10日
データ量:3GB
料金:900ルピー(約1440円)

街中のSIMカード(Vodafone)

使用期間:28日
データ量:1日1.5GB
料金:229ルピー(約370円)

※この他にもいくつかプランがあります

空港で購入するとどれだけ割高かわかりますね。
では、具体的にVodafoneでの購入方法を紹介します。

Vodafoneでの購入方法

店舗を探す

ジャイプールのVodafone Store

インド内のVodafone Storeであれば、どの店舗でも購入できるようです。
ただし、観光地であってもジャイサルメールなど小さな都市では店舗がないのでご注意ください。

「Vodafone Mini Store」では購入できません!必ず「Vodafone Store」へ行ってください。

わたしが行ったのはジャイプールにあるVodafone Store。

コメント

コメントする

目次
閉じる